つかさ内科

東京都北区西が丘3-17-10
都営三田線「本蓮沼駅」より徒歩5分
トレセン隣

03-5948-8970

便秘

24時間ネット受付

点便秘とは点

一般的には便秘と呼ばれる便秘症ですが、これは1週間以上便通がない、あるいは週に2回ほどしか便通がない場合を言います(個人差はあります)。便秘を病気と捉える方は少ないかと思われますが、便秘とは腸の動きが悪くなることで、それにより消化・吸収・ 排泄がうまくいかなくなり、下腹部の張り、腹痛などの原因になります。

なお便秘になった場合、通常であれば体内から速やかに排出されなければならない毒素や不要な老廃物が長時間溜まりますので、ニキビや肌荒れといった、肌トラブルにもつながります。

なお便秘の原因としては、腸の動き自体が弱くなっている、日頃の生活習慣やストレス、運動不足、体の冷え、女性ホルモンの乱れなどが挙げられますが、実際にはいくつかの原因が複合的に絡み合っているのです。このほか、稀ではありますが、腸や婦人科疾患の手術経験があるという方では、腸閉塞による便秘を起こすこともあります。さらに便意を我慢し続けていたことで、その感覚に鈍感となってしまい、排便にいきつくことができなくなっているということもあります。

点便秘でよくみられる症状点

  • お腹が張って苦しい
  • お腹がすっきりしない
  • ぽっこりお腹が出てしまう
  • 便秘薬(下剤)が増えてきている
  • 肌の調子が悪い
  • 便が硬い
  • 痔がある
  • 血便が出る
  • 肩こり など

点便秘症のタイプについて点

便秘は便が出にくい状態を言いますが、そのタイプというのはひとつではありません。主に以下のタイプに分類されます。

慢性便秘

腸の動きが弱っている、生活習慣やストレス、食生活が偏っているなどの原因により起きる便秘です。

急性便秘(一時性)

環境変化によるストレスが主な原因で発症します。

弛緩性便秘

腸腰筋の力の衰えが原因による便秘です。ここが弱い場合、腸の蠕動運動も弱くなります。高齢者や出産後の女性に多く見受けられます。

痙攣性便秘

主にストレスが原因となって自律神経系の働きが乱れ、大腸が緊張して痙攣を起こすようになります。そのことが蠕動運動に影響を与え、便が移動しにくい状態になっています。

直腸性便秘

便意を抑える習慣が恒常化することで、やがて便意を感じなくなり、直腸に便が溜まっている状態

器質性便秘

他の病気が原因で起きる便秘の症状。具体的には、大腸ポリープ、大腸がん、腸閉塞、過敏性腸症候群、糖尿病、橋本病、子宮筋腫、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア など

点治療に関して点

便秘の症状が現れている場合、多くの方は市販の整腸剤や便秘薬を服用されることが多いかと思われますが、それでも改善がみられないようであれば、別の病気が原因であることが考えられます。

当院では便秘の診察を行うにあたって、まず体内に潜んでいる疾患の有無について診断します。その結果、何らかの病気が見つかった場合は、その治療を優先します。また、器質性便秘でない場合は、それぞれの便秘のタイプに合ったお薬を医師が判断して処方します。その他にも自然な便通がもたらせるように腸に良いとされる食生活のアドバイスなども行います。

つかさ内科

院長
稲島 司(いなじま つかさ)
住所
〒115-0056
東京都北区西が丘3-17-10
西が丘サニーハイツ1階
TEL
03-5948-8970
アクセス
国立西が丘サッカー場・
味の素ナショナルトレーニングセンター隣、
桜並木沿い
・電車
 都営三田線「本蓮沼駅」より徒歩5分
・バス
 赤羽駅西口バス4番乗り場から
 【赤51】「池袋東口」行き
 【赤57】「日大病院」行き
 【57‐2】「大和町」行き
「HPSC(ハイパフォーマンススポーツセンター)北門(旧:国立西が丘競技場北門)」下車、徒歩1分
診療科目
内科、循環器内科、糖尿病内科、
呼吸器内科、リハビリテーション科

診療時間

日祝
9:00~12:00
15:00~18:00

休診日:日曜、祝日